2019/04/08 12:00


1960年代 イギリス アーコール ホールテーブル(サーバー サイドボード)


あまり見かけることがない、アーコールの中でも希少なアイテムです。
二杯の大きな引き出しに長い脚がついた、サイドボードのような使い方が出来る収納家具です。
天板では雑貨などのディスプレイを楽しめ、深い引き出しが収納家具としての役割もしっかりと果たしてくれます。
サイドボードほどの圧迫感はなく、スッキリとしたインテリアコーディネートにご利用いただけます。
次はいつ入荷するか分からない、とても希少なアイテムです。
ぜひご検討ください。

▷ホールテーブルとは
玄関や部屋の一角、ホテルのロビーやエレベーターホールなどで装飾品などを飾るために利用されるテーブルのことを言います。

▷サーバー サイドボードとは
ダイニングスペースで、運ばれてきた(サーブ)料理を一度このサイドボードに置き、取り分けたりするための家具のことを言います。



<Ercol(アーコール)について>
1920年、家具デザイナーだったルシアン・アーコラーニが英国に設立した家具メーカー。
スチームで湾曲させるウィンザーチェアの製造技術を完成させたほか、エルム材の成形技術を確立させ、薄くて丈夫な座面や天板の製造を可能にしました。
シンプルなデザインながら、木の家具ならではの温かみも併せ持ったアーコールの家具は、50年代のモダニズムに影響を受けてデザインされているので、現代の家具とも合わせやすいのも特徴です。




<SIZE>
W 約1070mm
D 約430mm
H 約805mm


品番:1901-0013
生産国:1960年代 イギリス
材質:エルム材 / ビーチ材


<商品ページはこちら>




BANSE basic interiors バンセ ベーシック インテリア

バンセは、大阪府北部の北摂と呼ばれるエリアの中にある
箕面市という緑豊かでのんびりとした空気が漂うところにある
アンティーク&ヴィンテージ家具・雑貨のセレクトショップです。
イギリスで買い付けたヨーロッパの古き良きアイテムを中心に、
レトロな古道具や骨董などを取り入れたMIXスタイルを提案します。

バンセが提案するインテリアが、手にする人々の日常に溶け込み、
いつしかそれが、
それぞれの新しいベーシック・スタンダードになる。

直感で良いと感じたモノ。
その直感を信じて手に入れたモノ。
一見バラバラに見えるモノも、
集めてみると実はちゃんと共通点があって
それが自分の好みであり個性だと気付く。

そんな、
感性と感覚の新たな発見を楽しむことが出来る空間です。
バンセで、自分だけの新しいbasicを見つけてください。


<Store Topへ>