2019/01/06 16:34


1960年代 イギリス製 アーコール
オールドコロニアル ドローリーフ テーブル


ナチュラルカラーのアーコールとは違った、クラシカルでエレガントな印象のコロニアルシリーズ。
その中でもこちらのドローリーフテーブルはとても珍しいアイテムです。
通常は二人掛けほどのコンパクトサイズですが、天板を左右に広げることで、幅990mmから最大1595mmまで伸ばすことができます。
天板にはオーク材が使われており、オーク材特有の虎斑が綺麗に出ています。
同じアーコールのコロニアルシリーズのチェアはもちろん、英国アンティークのクラシックなダイニングチェアを合わせても絵になります。
ダイニングテーブルとしてはもちろん、自分専用のワーキングテーブルとしてや、店舗のディスプレイテーブルなどの什器としてもおすすめです。
ヴィンテージならではの味わいが詰まった逸品です。


<Ercol(アーコール)について>
1920年、家具デザイナーだったルシアン・アーコラーニが英国に設立した家具メーカー。
スチームで湾曲させるウィンザーチェアの製造技術を完成させたほか、エルム材の成形技術を確立させ、薄くて丈夫な座面や天板の製造を可能にしました。
シンプルなデザインながら、木の家具ならではの温かみも併せ持ったアーコールの家具は、50年代のモダニズムに影響を受けてデザインされているので、現代の家具とも合わせやすいのも特徴です。


<SIZE>
W 約990mm
(広げた時:1290mm / 1595mm)
D 約760mm
H 約755mm


品番:1806-0123
生産国:1960年代 イギリス
材質:オーク材 他


<商品ページはこちら>



BANSE basic interiors バンセ ベーシック インテリア



バンセは、大阪府北部の北摂と呼ばれるエリアの中にある

箕面市という緑豊かでのんびりとした空気が漂うところにある

アンティーク&ヴィンテージ家具・雑貨のセレクトショップです。

イギリスで買い付けたヨーロッパの古き良きアイテムを中心に、

レトロな古道具や骨董などを取り入れたMIXスタイルを提案します。



バンセが提案するインテリアが、手にする人々の日常に溶け込み、

いつしかそれが、

それぞれの新しいベーシック・スタンダードになる。



直感で良いと感じたモノ。

その直感を信じて手に入れたモノ。

一見バラバラに見えるモノも、

集めてみると実はちゃんと共通点があって

それが自分の好みであり個性だと気付く。



そんな、

感性と感覚の新たな発見を楽しむことが出来る空間です。


バンセで、自分だけの新しいbasicを見つけてください。



Store Topへ>

https://www.banse.co.jp/