2018/12/18 18:00


1960年代 アーコール オーバル ドロップリーフ テーブル


無駄を省いたミニマルデザインのアーコールの伸長式ダイニングテーブル。

優しく丸みを帯びた縁が特徴のエルム材の天板にすっきりと長く伸びた脚。

ナチュラルで温かみも感じスタイリッシュでもある、この洗練されたデザインは
多くの人がアーコールに魅了される理由のひとつです。

そんなシンプルなデザインは様々なコーディネートにフィットします。

写真のように1脚ずつ違うデザインのお気に入りの椅子をセットしても良いですし、
同型のアーコールのチェアを用いて、統一感を出しても素敵です。

ダイニングテーブルとしてはもちろん、ディスプレイテーブルとして店舗什器などにもおすすめの絵になるテーブルです。

アンティークならではの味わいのある風合いをお楽しみ頂ける逸品です。





<Ercol(アーコール)について>

1920年、家具デザイナーだったルシアン・アーコラーニが英国に設立した家具メーカー。

スチームで湾曲させるウィンザーチェアの製造技術を完成させたほか、エルム材の成形技術を確立させ、薄くて丈夫な座面や天板の製造を可能にしました。

シンプルなデザインながら、木の家具ならではの温かみも併せ持ったアーコールの家具は、
50年代のモダニズムに影響を受けてデザインされているので、現代の家具とも合わせやすいのも特徴です。




<SIZE>
W 約1250(945 / 635)mm
D 約1135mm
H 約720mm


品番:1806-0100-01
送料区分:家財便 Cランク
生産国:1960年代 イギリス
材質:エルム材 / ビーチ材
備考:ダイニングテーブルの販売ページです。
   画像内のチェアや備品は含まれません。


<商品ページはこちら>



BANSE basic interiors バンセ ベーシック インテリア



バンセは、大阪府北部の北摂と呼ばれるエリアの中にある

箕面市という緑豊かでのんびりとした空気が漂うところにある

アンティーク&ヴィンテージ家具・雑貨のセレクトショップです。

イギリスで買い付けたヨーロッパの古き良きアイテムを中心に、

レトロな古道具や骨董などを取り入れたMIXスタイルを提案します。



バンセが提案するインテリアが、手にする人々の日常に溶け込み、

いつしかそれが、

それぞれの新しいベーシック・スタンダードになる。



直感で良いと感じたモノ。

その直感を信じて手に入れたモノ。

一見バラバラに見えるモノも、

集めてみると実はちゃんと共通点があって

それが自分の好みであり個性だと気付く。



そんな、

感性と感覚の新たな発見を楽しむことが出来る空間です。


バンセで、自分だけの新しいbasicを見つけてください。



Store Topへ>

https://www.banse.co.jp/